老眼

老眼

老眼は突然気づき、大変ショックだったのを覚えています。
それから徐々に文字が見えないことにイライラしてきたので、こはいかんと思い眼鏡屋
さんに行きました。

 

その頃は左右の視力に差があったので、きちんと合わせないと良くないと思っていまし
たのでよく行くスーパーの中の眼鏡屋さんに相談しました。
その時のパートのお姉さんがすごかったのですが、測定して出来上がった老眼鏡の
状態がドンピシャ合っていました。
すごかったというのは何年後化ごとに老眼鏡は作り直しましたが、その後はしっくり来
なかったからです。
老眼鏡は作ってくれるスタッフと息が合わないとちょうどよいものができない製品なんですね。

 

 

でも後に老眼はその度合が日々変動しているのでは? と気づきました。
50歳を過ぎてから老眼鏡を作り直してもすぐに見えにくくなると感じていたからです。
その眼鏡の老眼度から良くなることもあれば悪くなることもあると感じていました。

 

だから老眼鏡はこれからたくさん作らなければならないの?
とは思わずに、よくなる訓練をすれば改善して老眼度が良くなるのでは? と思い始めました。

ピンホールメガネ

ピンホールメガネ

 

百円均一で売られているものですが、穴の大きさをドリルで徐々に広げています。
一番見やすい大きさを知りたかったので広げました。
失敗しても1個100円ですしね。

 

このピンホールメガネでよく見えたのですが、見た目がね?
人様の前でこの状態で仕事はできませんでした。

 

 

こそっと家の中で訓練に励んで数カ月後、自分でも以前ぼやけていた大きさの文字が
薄っすらと見える気がしてきて希望が湧いてきました。

 

穴の大きさを広げる

ピンホールメガネ

 

真ん中の穴を大きくしてピンホール効果をなくした状態で文字が見えるようにしてみました。
少しずらすとピンホール効果は現れるので、ストレスはない訓練ができる気がします。

 

これで以前老眼鏡を外して見たときに気持ち悪くなっていた文字の大きさでも、見えませんが気持ち悪くはならなくなりました。

 

目の改善も進化してるなぁという気持ちです。